ホーム>取扱商品>金沢産プラチナ金箔粉末>金沢産 プラチナ金箔粉末

金沢産 プラチナ金箔粉末

金沢産プラチナ金箔粉末の誕生!


金沢で金箔が初めて作られたのがいつ頃かは定かでありませんが、加賀藩初代藩主・前田利家が金沢に入場する前から、石川県に箔の工人がいたのではないかと言われています。17世紀末、幕府は江戸に箔座を設け、全国の金銀箔類の製造・販売を統制。これによって金箔製造は、江戸・京都の箔座以外には許されなくなり、金沢でも箔類の製造・販売はできなくなりましたが、金沢の箔職人達は、製箔業確立に向けての運動を粘り強く続けました。やがて明治維新で江戸幕府の崩壊とともに箔の統制はなくなり、最大の供給源であった江戸箔が途絶える一方、金沢箔の生産・販売は自由になり、全国的に名をあげることになりました(金沢は全国の99%の金箔を生産)。

金は混ぜ物の組成や量によって色が変わるだけでなく、その表面の状態が変化しただけで、光沢や見た目の高級感が変化します。色々な金の材料がある中で、最も光沢に優れ、高級感に優れた品質を持つものは<金箔>です。これは、熟練の職人が金を叩いているので金がナノレベルで極めて平滑に並んでいるためです。金の色は、その表面が高度に平滑なのかどうかでその美しさが変化します。

金箔は大変平滑で、美しい光沢を持つため、日本の文化財に良く使われています。例えば、金閣寺では20万枚、中尊寺では6.4万枚も使われています。しかし、粉末にしようとすると金粉のように、その輝きは失われてしまいます。そのため、アルミニウム箔を黄色の染料で染めたものが金粉として用いられています。しかし、これは金色の顔料ですが、金=Goldとは無関係です。


そこで、伝統的な金箔の色を粉末にできないかを考え、研究開発の末に完成したのがプラチナ金箔粉末です

『プラチナ金箔粉末』の特性
①金沢金箔由来の美しい光沢を持ちます。
②金粉のように艶消しの金色にはなりません。
③粒子1つでも、その存在がわかります。
④自己主張が強いので、微量の使用でも金の特徴を付与することができます。
⑤化粧品基準の製品管理で製造されますので、安全性が高い素材です。


『プラチナ金箔粉末』の用途
①画材、絵画用顔料として
②ネイルアートのラメとして本物の金の輝きを!
③ヘアセット後、ラメとして散してパーティ、記念日など本物の金で装飾
④ウエディングやパーティなどでボディクリームに混ぜて
⑤その他装飾アートにも。。。

*この商品はヤマト運輸にてお届けします。
代金引換決済を選択された場合、現金決済のみとなりますのでご注意ください。

商品コード:PGLP-1
金沢産 プラチナ金箔粉末

商品内容

【成分】金、白金、タマリンドガム
*金沢産プラチナ金箔(箔座生産)
【取扱い上の注意】
水濡れ注意。高温多湿を避け、冷暗所保管。火災防止のためコンセント、電気器具との接触を避けること。目に入った時は多量の水で洗浄すること。
【用途】雑貨用(食品及び化粧品の製造には使用できません)
【原産国】日本

通常価格:3,240~32,400(税込)
販売価格:¥3,240~29,160(税込)
ポイント:64~583Pt
関連カテゴリ:
金沢産プラチナ金箔粉末
金箔:
数量:
在庫: 有り
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む