ホーム>スタッフブログ>ファイネスト化粧品>シミ、小じわより気になるのは、、、
ファイネスト化粧品

シミ、小じわより気になるのは、、、

暦の上では既に秋なのですが、実際はまだまだ暑い日が続いています。夏はどうしても水分の取り過ぎや、運動不足などで、顔や体がむくみたるみがちになります。たるみがあると、少なくとも5歳くらいは老けて見えますよね。シミや小じわがあると老け顔に見えると言われますが、それ以上に顔や体のたるみは老けて見えるのはでないでしょうか。

そんなたるみをいつまでもほっておいたら大変なことに。日常から気を付けてたるみ癖が着かないように注意しましょう。

①    たるみの気になる部分
たるみはシミや小じわと並んで、女性が年齢を重ねるにしたがって気になることですよね。その中でもたるみは、シワや小じわと異なり化粧品による手助けが効きません。ほおっておくと一番やっかいで手間のかかる悩みになってしまいますので、日常のケアがとても大切になります。顔で一番気になるたるみ部分は口元です。口元のたるみはほうれい線を助長してしまいますので、特に気にしておく必要があります。続いて目元、アゴですね。体のたるみは顔ほど目立ちませんが、最近の細身でボディラインの出るファッションですと気にしないわけにはいきませんね。ヒップ、二の腕、下腹のたるみには気を付けたいですね。

②    たるみの原因
たるみの原因は色々ありますが、この時期たるみ原因のトップはやはり水分の取り過ぎによるむくみ(たるみ)でしょう。夏はお酒を飲む機会も多く、ついつい飲みすぎてしまう傾向があります。水分は取り過ぎると体内に滞留してしまい、それが重りとなりたるみを助長してしまうのです。その他にも糖分の取り過ぎ(糖化の原因)、脂肪増加、加齢や運動不足による筋肉の衰えなどが上げられます。

③    たるみ対策
たるみ対策は、みなさん其々で思い当たる原因を確かめて実行するようにしましょう。
糖質の取り過ぎや脂肪増加によるたるみは、やはり食生活の見直しが一番です。健康の為にも糖分、脂肪分は控えめにしましょう。水分の取り過ぎでむくみやすい人は、やはりマッサージを日課にする事が大事です。その日のむくみはその日のうちに取ることがとても大切です。顔は入浴時に優しく行い、体はリンパマッサージがお薦めです。頸部、首、脇下、鼠蹊部、膝裏等のリンパ節をマッサージすることで体の老廃物や水分を排出しましょう。座り仕事や立ち仕事が多く足がむくみがちな人にもお勧めです。加齢と共に筋肉が衰えることによるたるみは、重力に対する筋力アップが大切です。顔は頬と目元を中心にエクササイズしましょう。簡単な方法は、ご存知な方も多いと思いますが『あ・い・う・え・お』エクササイズ。『あ』から息を吐きながら各文字10秒間言い続けるだけ。ポイントは口を大きく大げさに動かす事。目元は『ギュッ、パッ』エクササイズ。10秒間ギュッ、と目を閉じた後、パッと開くだけ。これを10回繰り返せばOKです。体は定番のスクワットや腕立て(膝をついて)を朝晩各10回行うことをお薦めします。


たるみ解消は日々のちょっとした努力で可能なことです。若いうちはまだ、などと言っているといつの間にかたるみ癖がついてしまうかもしれません。特に筋肉の衰えによるたるみは若いうちから継続的することでカバーできます。毎日コツコツと積み重ねが大事です。

2016830172542.png
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/423