ホーム>スタッフブログ>OEM>ブランドイメージ
OEM

ブランドイメージ

みなさんは化粧品にお気に入りのブランドはありますか?資生堂、カネボウ、コーセー、ディオール、シャネル、、、、国内外合わせると結構な数あります。

ブランド品デビューの時って、どうやって選びましたか?雑誌やネット情報?友達のお薦め?百貨店でフラフラ衝動買い?

ブランド品は価格も高いし、先ずは無難なアイテムからですよね、、、失敗しないのはメイクものですかね。基礎化粧品は肌に合う合わないがありますので、色や見た目(容器)で選べるメイクものから入るのがお薦めですね。

百貨店など見ていると、中身は新鮮味があまりないけど、容器はすごいですね。きっと容器買い(ジャケ買い)の方も多いと思います。でもそれでいいと思います。化粧品は年2回(春・秋)新商品が投入されますが、色味や容器以外あまり目新しい(革新的)商品は見かけません。なぜ容器に凝るか、、、それは中身にあまり進歩がなく他社との違いが明確に打ち出せないからです。

容器とブランドイメージ、、、化粧品メーカーもっとも力を入れているポイントです!

マーケティング主導の物づくり。市場調査して、売れるものを作る時代ですね。昔は逆でしたね、研究者達が新開発商品(市場にないもの)を開発して、それを売る時代でした。マーケティング主導になると技術者(開発者)の自由発想が抑えられ、技術者が育たないという悩みもあるかと、、、、

 

2016517121641.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/414