ホーム>スタッフブログ>2016年1月

2016年1月

今年のトレンドはヌディ&ツヤ感!

新年明けましておめでとうございます!

本年もファイネスト化粧品を宜しくお願い致します<m(__)m>

さて、冬も本番を迎えておりますが、化粧品業界では早くも春に向けたトレンド商品が話題になっております。2016年のキーワードはヌードカラー&ツヤ感。色を前面に出さずツヤ感で勝負するナチュラルメイクです。ブラウンや淡いゴールド系などを使い、ノーメイクに見えるけど実は洗練されたメイク術。みなさんも今年のトレンドを先取りしちゃいましょう。

①    目周りはアイグロス
グロスと言えば、リップグロスを想像する方が多いと思いますが、実はアイグロスというアイテムがあるのをご存知でしょうか。リップグロスは唇にツヤ感を出すために使いますが、アイグロスは目周りにツヤ感を出すアイテムなのです。アイシャドウにツヤ感をプラスすることで華やかに彩ることできます。光が当たれば立体的にみせることができ、女子力アップは間違いありません。今年風にヌーディに仕上げたい場合は、アイグロスのみ使用すればOKです。使いかたも簡単、指に少量を乗せ、マブタの真ん中からポンポンと軽く叩くように左右に広げれば完成です。是非、お試しください!

②    ファンデーションは軽いタッチ
メイクの基本ファンデーション。ナチュラルメイクのベースとなるファンデーションはとても大切です。厚塗り、粉浮は以ての外、少量で伸びのあるクリームファンデを薄く塗り、目立つシミなどはコンシーラーで隠すようにしましょう。パウダーファンデーションをお使いの方は、ベースを塗った後に、スポンジではなくブラシを使うのがポイントです。スポンジを使うと塗斑やヨレの原因となり、透明感のあるヌディではなく、マットな仕上がりになってしまいがちです。ブラシを使うとパウダー粒子が潰れないので、フワッとした透明感のある仕上がりになります。

③    口元はふっくらぷるん唇
ふっくらぷるんのたらこ唇メイクは今年も継続トレンドです。そんな口元を作るポイントは、フチドリとリップグロスです。口紅を先ずは、唇周りのくすんだ箇所をコンシーラーで消しましょう。コンシーラーは軟らかいクリーム状のものが、肌に馴染ませやすくお薦めです。次に立体感を出すために、唇の下にシャドー(肌より暗めのカラー)をいれます。そしてリップペンシルでフチドリ。この時上唇の山の部分と下唇の中央部分を少し太めにフチドルとナチュラル感がでます。もっと立体感を出したい人は、唇の縦ジワにもリップペンシルを入れましょう。最後に口紅を塗り、リップグロスを下唇中央に乗せ、左右に伸ばせばふっくらぷるん唇の完成です。口元カラーは、ナチュラルに仕上げるなら、サンゴピンクやオレンジ系を、口元を主張したい人は、バーガンディカラーや赤がお薦めです。

メイクは全体のカラーバランスがポイントです。トレンドカラーを上手に使いこなすには、ネットや雑誌などでカラーバランスを参考にするのも良いですが、メイクの前に目元と口元のカラーバランスをカラーチップなどで自分流にコーディネイトしてみるのも楽しいかもしれませんよ。

2016120143840.jpg