ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>化粧品を選ぶ基準は!?
スタッフブログ

化粧品を選ぶ基準は!?

化粧品を選ぶ基準は?無添加&オーガニック!

Why?安全で体に優しいから…と、思った方はもう一度考えてみましょう。

無添加とは?何が添加されてない?鉱物油フリーやパラベンフリーなどなど良く聞きますが、実際は決まった定義は特にありません。そう、メーカーが言っているだけです。

つまり、無添加=安全という意味ではありませんので間違えないようにしましょう。

例えば、無添加でよく聞くパラベンフリー、これはパラベンフリー=防腐剤フリーという事ではありません。では防腐剤フリーは安全なのでしょうか?私は防腐剤が入っていない方が怖いです。化粧品は一度開封すれば微量でこそ菌が混入します。混入したら防腐剤が入っていないと増殖してそれこそ数日で使いきらないと大変なことになってしまします。そんな化粧品はメーカーも売れません。ですから防腐剤フリーの化粧品には、防腐静菌作用がある別原料が添加されているのが実情です。

防腐剤が肌に悪いと言うのは昔の話で、最近の防腐剤は安全性はかなり確立されています。無添加はイメージ戦略の1つとしてとらえ、根拠のない都市伝説のようなものくらいに考えましょう。

ではオーガニックは?
これもまだ、統一で決まった規定があるわけてはありません。国によって基準はさまざまです。日本の化粧品にはオーガニックを謳う定義は確立されていません。オーガニックと言っても栽培はオーガニックでもその後の業者が異なったりすれば、ケミカルなものを使っている場合もあります。何を持ってオーガニックと定義するのかは重要なポイントです。

一般的に、オーガニック=天然成分=安全、というイメージで人気のようですが、天然成分が果たして安全かというと?ですね。食品アレルギーがあるように、天然のものにアレルギー反応を起こす方もたくさんいます。ですからオーガニックだからと言って飛びつくのではなく、つかわれているオーガニック成分をよくみて選ぶようにしてください。

無添加にしても、オーガニックにしても、化粧品は万人に安全に使って貰える事を目的として作られています。効能・効果は謳えません。どの化粧品も基本は安全なのです。化粧品は嗜好品ですので自分の肌質や、使用感や香り、デザインなどで選んでいただければと思います。
 

2014128163340.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/354