ホーム>スタッフブログ>OEM>コンシーラーは適材適所で真価を発揮!
OEM

コンシーラーは適材適所で真価を発揮!

みなさん、冬のお肌ケアは順調ですか?毎日気を抜かずに、酔っても気を抜かずに^^;

今日はコンシーラーの使い分け!

肌のコンディションを整えるメイク下地や肌の質感を生み出すファンデーション。しかーし、それでも消せないマイナスポイント!ありますよね?そこで登場するのがコンンシーラーです。

コンシーラーと言っても種類はたくさんあります。適材適所に使うことで、マイナスポイントをカバーしてくれます。

①筆ペンタイプ
広範囲をカバーできて、ハリ感がアップします。比較的薄く艶感のあるテクスチャーですので、目元や口元に適しています。

②アプリケータータイプ
筆ペンタイプ同様に柔らかいテクチャーですので、クマやくすみなど、目の下や目の周りのカバーに適してします。

③クリームタイプ
密着力が高く、色も豊富なため、シミやクマのピンポイントカバーに力を発揮します。

④スティックタイプ
直接塗れて、ある程度広めの範囲をカバーしやすいのがスティックタイプです。大き目のシミに適してます。各ブランドが出していますが、テクスチャーはさまざまですので、サンプルで自分にあった色、硬さを確かめてください。

⑤ペンシルタイプ
密着力に優れ、かなり濃いシミやほくろもカバーできます。ただし、ペンシルですので、硬く保湿効果は弱いので、乾燥しがちな部分には不向きです。

 

ポイントは、シミに使用する場合はコンシーラーはシミ周囲の肌色に合わせること。クマの場合はクマの色に合わせること。コンシーラーの肌色は赤、黄、黒の3色をベースに作られます。すべての色は混ぜるほど黒になるのが原則です。つまり、コンシーラの種類にかかわらず、触り過ぎない、少ないタッチで仕上げるのがポイントです。

コンシーラーは適材適所のカラーとテクスチャーを選ぶことができれば、マイナスポイントは消せます。是非、トライしてください\(^o^)/
 

201412116657.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/351