ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>肌を錆びつかせる活性酸素
スタッフブログ

肌を錆びつかせる活性酸素

ツルツルのベイビースキン。でも、生まれた時から肌老化は始まっているんです(-"-)

その正体が活性酸素!

鉄などの金属が錆びたり、リンゴの切り口が茶色くなったりするのは、酸素によって物質が『酸化』するためです。活性酸素は、私たちの体の細胞を強力に錆びつかせる、悪玉酸素なのです。普通の酸素に比べて、著しく化学反応を起こしやすいものなのです。これが体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こすのです。

人は呼吸をする際に酸素を取り入れ、エネルギーを燃焼し活動していますが、この時にも活性酸素が発生します。呼吸するだけで活性酸素が発生するのですから、人が生きて息をしている限り、老化は避けられない宿命なんです。

しかし、本来人体には活性酸素を除去するしくみが備わっています。抗酸化力のある酵素などが体内で働き活性酸素をすみやかに取り除いているのです。しかし、この体内の抗酸化力も30代以降は低下していきます。

他に活性酸素をたくさん生み出してしまうものには、激しすぎる運動、紫外線、過労、ストレス、喫煙、食品添加物や大気汚染などの化学物質があります。

活性酸素の原因をすべて排除するのは生きていく上で不可能です。ですので、年を重ねる毎に注意を払い、抗酸化力のある食品(ビタミンA,C,E、ポリフェノール、カロテノイド)を取るように心がけましょう。

2013828131420.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/135