ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>大人ニキビ
スタッフブログ

大人ニキビ

そもそもニキビはどうしてできてしまうのか?みなさんご存知ですか?

ニキビは皮脂が多いからできる分けではありません。その証拠に乾燥肌の人でも大人ニキビはできるのです。また、皮脂の少ない頬にだけできる人もいます。

ニキビができるのは、毛穴の出口の角質が厚くなって、毛穴をふさいでしまうことが原因なのです。塞がれた毛穴の中では皮脂が詰り、アクネ菌が過剰に繁殖してニキビになるのです。乾燥している部分にもニキビができるのはこのためです。

2013826144950.gif

昔から『アクネ菌がニキビの原因菌だから殺菌すべき』と言う考え方があるようです。確かに毛穴の中で繁殖してしまうとニキビを悪化させる一因になりますが、アクネ菌は皮膚の常在菌です。肌表面のバランスを正常に保つ働きを担っているので、すべて殺菌してしまうわけにはいかないのです。

では何がニキビの原因かと言いますと、体内バランスの乱れや免疫低下等と言われています。こういった体内バランスの乱れには、ストレスや不規則な生活、偏食、睡眠不足、運動不足など、生活のあらゆることが影響しています。このようにニキビの原因は簡単に特定できないケースが多いんです。よくニキビができる、慢性化している人は皮膚科を早めに受診することをお勧めします。

20代からできる『大人ニキビ』が最近とても増えているようです。このおとなニキビには10代のニキビと違う特徴が2つあります。

1つはできる部位が異なる点。特にアゴ周辺にできやすく、治りにくい上、跡が残りやすいという難点があります。もう1つは、睡眠不足やストレスで悪化するという点です。食生活も勿論ですが、それよりも睡眠のほうがはるかに大きく影響するようです。色々な要因が少しずつ積み重なって、ニキビの原因をつくりだしているのです。

ニキビ予防対策

①毎日6時間以上の睡眠
睡眠不足は肌の免疫力が低下して、ニキビができやすくなります。そのうえ、ニキビが大きく腫れやすくもなります。

②油分を控えたスキンケア
アクネ菌は油を栄養として繁殖します。そのため油の多い化粧品をつけるとニキビが悪化することがあります。ニキビ肌の人はオイルが強いクリームなどは控えましょう。

③ビタミンCをたっぷり
ニキビのできやすい人は、ビタミンC配合の化粧水を使うのも効果的です。ビタミンCは若干ではありますが皮脂を抑える効果があり、ニキビ予防に役立つからです。ニキビ跡の赤みを薄くする作用も期待できます。

④生理前はピーリング
ニキビを防ごうと、スキンケアをしっかり行い、生活を見直していても、できてしまうことがあります。それはたいてい、生理前の時期なんです。生理前はホルモンバランスの変化によって、ニキビができやすい時期なのです。そこで生理前に特別ケアとしてピーリングを取り入れてみてください。ピーリングにより余分な角質を剥がし、毛穴の詰まりを解消しておきましょう。

⑤ファンデーションは油分の少ない物
油分の多いクリームタイプのファンデよりパウダータイプの方が無難です。どうしてもニキビ部分をカバーしたい場合は、そこだけコンンシーラーを使ってみてください。下地も油分を多く含んでいるものが多いので、保湿美容液をたっぷり塗った上からパウダーファンデを直接重ねるのがお勧めです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133