ホーム>スタッフブログ>ファイネスト化粧品>くすみ対策
ファイネスト化粧品

くすみ対策

顔のくすみ大丈夫ですか?

くすみとは、暗く疲れた感じで、透明感やツヤがない肌の状態をいいます。
目の周りや頬、口の周りなど 部分的に色むらとして表れることもあります。

これは、本来剥がれ落ちるべき古い角質が何層も重なって真皮の肌色が見えなくなり、
古い角質の濃い色だけが見えている状態なのです。

主な原因は、紫外線や新陳代謝の低下、血行不良、乾燥、皮脂の酸化などといわれています。肌がくすんでいると、疲れて老けて見えますし、お化粧のノリも悪くメイクが冴えません。

原因を見極め、きちんと対処し透明感のあるお肌を取り戻しましょう!

①紫外線対策
ご存じの通りシミの原因でもある紫外線。
日常の紫外線によって全体的にできたメランがニターンオーバーの遅れによって排出されないと、沈着してシミと同様にくすみを作るのです。

しっかり、日焼け止め対策をして紫外線を防止してください。

②新陳代謝の低下
体の新陳代謝が衰えると、肌の再生力が低下してきます。
古い角質が居残って角質層を厚くし、透明感のないくすんだ肌になっていきます。
これら新陳代謝の低下は、運動不足や睡眠不足など生活習慣に起因するところが大きいと言えます。直ぐに全ての生活習慣を変えるのは難しいと思います。

少しずつ、先ずは休日の生活習慣から変えてみましょう。

③血行不良
顔だけでなく体全体の肌がくすむのは血行不良が原因のことが多いようです。

血行不良が起きると肌に酸素や栄養が運ばれにくく、老廃物も溜まりがちになりよい角質細胞が育ちません。また、血液自体の色が暗く濁るため、肌の色がくすんで見えます。

原因はタバコ、ストレス、食習慣、運動不足等色々です。
できることから対処して、血行改善をしましょう。

④皮脂
顔には肌が分泌する皮脂があります。
不十分な洗顔によって古い皮脂が残っていると酸化して角質に蓄積していき、くすみを招きます。

また、ファンデーションをはじめ、メイクアイテムのほとんどに油分が含まれています。
ですから、メイク落としが不十分ですと、化粧品成分を肌に残したまま寝てしまうことに。
肌や毛穴に残った油は、酸化して肌を黒ずませます。

皮脂やメイクはしっかりクレンジング、洗顔で落としましょう。

⑤乾燥
空気が乾燥すると、肌の角質の水分が失われていきます。
そうすると、肌を守ろうとして、皮膚の基底層では急いで角質を作ります。
古い角質がまだ剥がれ落ちないうちに新しい角質がどんどんできて角質層が厚くなってしまうのです。

本来角質は28日ほどの周期で交代が行われ、健康な肌が維持できるのです。
しかし、乾燥によってターンオーバーが無理に速められるため古い角質が剥がれにくくなって残ります。こうして、透明感のないカサついた角質で覆われた肌は、くすんで見えます。

日々の保湿スキンケアで乾燥を防ぎ、くすみをなくしましょう!

ファイネスト フェイシャルジェルクレンザーで古い角質を優しく落とし、ピコエッセンスローションでお肌の真から水分補給をしてみてください。
 

201382115154.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cosmetechno.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68